フランス留学のアドバイス

CampusFranceの語学研修プログラムでフランスのグルノーブルに1ヶ月ホームステイをしました。その経験を基にフランス留学のアドバイスをお伝えしようと思います。

フランスでフランス語を話す時のアドバイス

①愛想笑いをしない、分からない事はちゃんと訊く
フランス人は愛想笑いをしません。こっちがニコニコしながらお喋りしていても、相手は真顔のままです。この事に気づいてから、自分が本当に愛想笑いをしまくっているんだなという事を意識するようになりました。日本人は相手の話がよく聞き取れなかった時に愛想笑いで流してしまうことがよくあります。これはフランスでは絶対にやってはいけません。なぜかというと、第一に、フランスには愛想笑いという文化がないからです。常にニコニコしていたら馬鹿なんじゃないかと思われるだけです。第二に、フランスでは相手の話が理解できない時が多すぎるからです。相手の話が理解できない時に愛想笑いで誤魔化す事を続けていたら、いつまでたっても成長しません。よく聞き取れなかったらPardon ? もしくはComment?と言って訊き返す。何の事が分からなかったらC'est quoi, ~?もしくはQu'est-ce que c'est,~?と訊く。言っている意味が分からなかったらQu'est-ce que ça veut dire ? もしくはÇa veut dire quoi?と訊く。これは本当に大切です。

②否定疑問文の答え方
"Vous n'aimez pas aller à l'école?"という質問に対して、「はい、好きじゃないです」と答える時はNon、「いや、好きですよ」と答える時はSiと言う必要があります。日本語とは逆です。これはかなり重大な問題です。フランス人はよく否定疑問文を使うし、答え方を間違えれば真逆の意味になってしまうからです。常に意識するようにしましょう。

③相づちについて
フランスに着いたら突然フランス語が話せるようになるという事はありません。会話では、必然的に私たちが聞き役に徹する事になります。そこで重要なのが、相づちの打ち方です。適切な相づちを打つ事で、「私はあなたの話を理解していますよ」というアピールをする事ができます。相づちに使えるフレーズをたくさん覚えておきましょう。下に例を挙げるのでこれくらいは絶対に押さえてください。
"Ah, bon?"「あ、そうなの?」
"Oh là là!"「あらら!」
"Oui oui oui oui"「はいはいはいはい」
"Je vois."「はいはいなるほどね」
"D'accord."「分かった、了解」
"Vous avez raison.""T'as raison."「あなたの言う通りだ」
"Tout à fait."「その通り」
"Exactement."「その通り、そういう事です」
"C'est drôle!""C'est rigolo!"「それは面白い」
"Génial!"「すげぇ!」
"C'est dommage."「それは残念」
"C'est triste."「それは悲しいね」
"C'est horrible!"「怖っ!」
"C'est dur!"「それはキツい」
"C'est pénible!"「それはツラい」
"C'est bizarre!"「それは変だね」
"C'est vrai?"「本当に?」
"Sérieux!?"「マジで!?」
"Je n'en savais pas."「それは知らなかった」
"Au Japon, ça n'existe pas."「日本にはそれは無いね」
"Au Japon, aussi."「日本も一緒だわ」

④大きな声で話そう
語学学校の授業中に先生に一番言われるのが"Parlez plus fort!"です。日本人は声が小さすぎます。逆の立場になって考えてみてください。日本で知り合った外国人が、日本語の発音が下手で、文法もめちゃくちゃで、しかも声が小さかったら、あなたは話を聞く気になれないでしょう。しかし、声さえ大きくてちゃんと聞こえれば、理解してあげようという気になると思います。声の大きさは語学力の一翼ですから大きな声で話しましょう。

⑤フランス人の話し方
Il y a →Y a
tu es→t'es
tu as→t'as
je ne sais pas→chépa
ne〜pas→〜pas(neの省略)
上記の表現は絶対に押さえておいてください。常に使われます。

⑥日本語を口走らない
フランス語の授業中に「えーっと…」とか「何で言えばいいんだろう」とか日本語で言ってる人がいますが、これはフランスでは絶対にやめましょう。クラスで日本語を話せるのが自分だけなのに、日本語を口走ってしまうのは本当に滑稽です。やった瞬間恥ずかしくて死にたくなります。「えーっと…」じゃなくて
"Ben..."とか"euh..."とか"alors..."と言うようにしましょう。「何で言えばいいんだろう…」は"comment dire..."、「説明するのが難しい」は"C'est difficilement explicable."、質問が分からない時は"Quelle est la question déjà?"、答えが何も思いつかない時は"Je passe."とか"Aucune idée."と答えましょう。最悪、英語混じりのフランス語で答えてもいいと思います。言葉なんて伝われば何でもいいのです。そして日本でのフランス語の授業でも、こういった事はなるべくフランス語で答えるようにしましょう。いつも日本語で応えているとクセがついてしまいます。

⑦フランス人の表現を真似しよう
フランス人はフランス語の最大にして最高の教師です。フランス人のフランス語は正しい事が確約されているようなものです。「これは使えそうだな」という表現を聴いたら、どんどん使ってみましょう。

⑧学んだ単語は会話で使ってみよう
私たちはノートに単語を書く事ではなく、実際に会話でその単語を使ってみて、それがちゃんと伝わっているんだという実感を持てて初めてその単語を脳に定着させられます。学んだ単語はどんどん使いましょう。

⑨間違いを恐れない
言語を最初から完璧に話せる人なんて一人もいません。一度もこけずに自転車に乗れるようになる人がいないのと一緒です。私たちは話してみて、間違えて、間違いを指摘されて、恥をかいて言語を話せるようになるのです。言語を習得する事に間違いと恥をかく事は必須です。間違いを、そして恥をかく事を恐れないでください。