フランス留学のアドバイス

CampusFranceの語学研修プログラムでフランスのグルノーブルに1ヶ月ホームステイをしました。その経験を基にフランス留学のアドバイスをお伝えしようと思います。

TGVの乗り方

今回はTGVとTERの乗り方を説明しようと思います。「TGVは知ってるけどTERって何だよ」って思う人もいるかもしれませんが、これらはどちらもSNCFが運営している鉄道体系の名前です。TGVは都市と都市、TERは地方と地方を結ぶ役割を担っています。

 

TGVとTERの乗り方は日本人にとってかなり難しいです。日本の新幹線とか特急とは乗り方が全く違うからです。もし私の解説で分からないところがあったら、絶対に「TGV 乗り方」などでググって下調べしてからフランスに行くようにして下さい。

 

まず切符の買い方です。これは日本と同じく、駅に券売機があるのでそれで買えばいいので簡単です。気をつけてほしいのは、同じ地名を冠する駅が2つある場合があるという事です。例えば、リヨンという名前の駅はLYON PART DIEUとLYON PERRACHEの2つあります。どちら行きの切符を買えばいいのかはよく調べて、そして間違えないように買って下さい。みどりの窓口的なところもあるので、分からない事があるなら窓口で訊いて下さい。切符は窓口でも買えます。乗り換えはフランス語で"le changement"もしくは"la correspondance"です。押さえておいて下さい。切符はネットで買うこともできます。

 

切符を買った後、プラットホームに行く前に、必ずやらなければならない事があります。それは切符に打刻する事です。驚く事に、TGVとTERの駅には改札が無いのです。改札の中と改札の外という概念が無いので、歩いていたらいつの間にかホームの上に立っています。しかし、改札が無い代わりに、機械を使って切符に打刻する必要があります。

f:id:shinovish:20170612130025j:image

↑この黄色い機械に切符を差し込む事で、打刻がされます。切符を表向きにして、切符の右側から入れると「ブッ」という音とともに打刻がされます。

【↓ここめちゃくちゃ重要!!!!】
気をつけてほしいのは、この機械がかなりのポンコツだという事です。一回入れただけで打刻がされる事はまれです。打刻が成功した時は「ブッ」という刻印の音が鳴って、切符の右側に黒い文字で時刻が印刷されます。成功するまで根気よく切符を差し込んで下さい。機械に通したら、切符にちゃんと打刻がされたか必ず確認して下さい。

打刻が済んだら、何番ホームに行けばいいのか確認しましょう。電車が何番ホームに来るのかは電車が来る1時間前くらいに決まります。駅構内にスクリーンがあるので、そこに自分の電車の便名、行き先、出発時刻とともに何番ホームに電車が来るのかが表示されます。

プラットホームに着いたら、どこに並べばいいのか確認しましょう。TERは自由席ですが、TGVは全席指定です。自分の席がどこなのかは切符に書いてあります。f:id:shinovish:20170612125726j:image

↑VOITUREという文字の右の数字が何号車かを、PLACE ASSISEという文字の右の数字が席番号を表しています。
すなわちこのチケットの座席は、17号車の68番の席であるという事です。

自分の席が何号車にあるのか分かったら、どこに並べばいいのかを考えましょう。f:id:shinovish:20170612125832j:image

上の写真はプラットホームにあるスクリーンの画像です。これで自分がどこに並べばいいかが分かります。18,17,16,15,14,13,12,11と書かれている数字は号車数を表しています。白い丸は現在地です。R,S,T,U,V,W,X,Y,Zという文字は、Repère(目印)を表しています。

 f:id:shinovish:20170612125805j:image

上の写真を見て下さい。Sという文字の上に小さくRepèreと書かれているのが見えると思います。これが「目印」です。プラットホームにはこの目印がある程度の間隔ごとに立っています。この目印と、自分の席の号車数と、スクリーンを見比べて自分の並ぶところを探して下さい。すなわち、もしあなたのチケットにVOITURE 13と書かれていて、スクリーンの表示が下のようだった場合、f:id:shinovish:20170612125832j:image

あなたはVというRepère(目印)とWというRepère(目印)の間に並べばよいという訳です。

電車が来たら、乗車して自分の席を探して下さい。席番号は座席の背もたれの上部に表示されています。

フランス人は、たとえ自分の席でなくとも、空いてる場合は座る人がかなりいます。もし自分の席にすでに誰かが座っている時は、「ここは本当にあなたの席ですか?チケットを見せて下さい」と要求しましょう。

乗車中に係員が検札に来ます。来るタイミングはまちまちです。来ない事もあります。もし検札が来たら切符を提示しましょう。切符に打刻がない場合は、たとえそれが未使用の切符であっても、キセル扱いされて罰金を取られます。気をつけて下さい。